PUBLICATION

TOKYO TDC Vol.27

img_5916

個人的に大好きな東京TDC年鑑に掲載していただきました。
掲載されたのはうおっとのロゴと500m美術館の「札幌のデザイン」の展示の際に作った
Grid mapsというポスターからタイポを切り取って再構築したポスターです。

昔から見てきた年鑑に掲載していただけた事はやはり大きな喜びです。
文字のデザインはとてもすきなので、仕事の中でも遊びつつ、
文字組ひとつで、グラフィックデザインの力が発揮出来るように
さらに勉強をしていきたいと思います。

ぜひ、文字のデザインがお好きな方はご覧ください。
それでは。

野村

サードウェーブ・デザイン

img_5919

ピエブックスから出版された、
「サードウェーブ・デザイン」に
FISHMANS MARUYAMA
PARCO パンフェス
Veggyの家
テイラードコーヒー
のデザインを掲載していただきました。

クラフト感のあるデザインが多数掲載されています。
それにしてもおしゃれなデザインが沢山です。
ぜひご覧ください。

野村

スタイル別ブランディングデザイン

スタイル別ブランディングデザイン
ピエブックスから出版された、
「スタイル別ブランディングデザイン」に
うおっとのデザインを掲載していただきました。

コンセプトやロゴの展開を勉強する際にも
とても参考になる書籍だと思います。
是非書店でお買い求めください。

野村

実用的なチラシのデザイン

チラシのデザイン

グラフィック社から出版された、
「実用的なチラシのデザイン」に
・エゾバルバンバン
・パルコパンフェス
・inZONE TABLE
のデザインを掲載していただきました。

かなり実用的な売りの部分をピックアップした書籍です。
ペラ一枚で何ができるのか勉強になると思います。
是非書店でお買い求めください。

野村

ロゴと展開

ロゴと展開

グラフィック社から出版された、
「ロゴと展開 ブランドイメージを伝えるデザイン」に
・FISHMANS MARUYAMA
・ナイエイジ
・べじそば ななつき
のデザインを掲載していただきました。

自社の店舗ではない、ナイエイジの掲載もお声をいただき嬉しかったです。
最近掲載のご依頼をいただく事が多く、
掲載紙を眺めていると全国の様々なデザイナーさんの作品を
私自体拝見させていただき良い勉強になっています。
「この方また掲載されてる〜」とか
「これもこの方だったのか〜」とか。
勝手に仲良くなった気分になってしまいました。

また、新しい作品でも掲載していただけるように頑張ります。
野村

和ごころを伝えるデザイン

和ごころを伝えるデザイン

PIE BOOKSから出版された
「和ごころを伝えるデザイン」に
北海道産地直送驚キ海鮮居酒屋うおっとの
ポスターデザインを掲載していただきました。

ぜひ本屋さんに行った際には
デザイン書コーナーでご覧ください。

掲載のお知らせ

ニホンゴロゴ2

PIE BOOKSから出版された
「ニホンゴロゴ2」に
STUDIO WONDERで制作させていただいた、
・北海道産地直送驚キ海鮮居酒屋うおっと
・大衆肉酒場がつり
・エゾバルバンバン
・べじそばななつき
・ぶどうのあら
・ハシヤスメ
・バトンクーポン
のロゴデザインを掲載していただきました。

ぜひ本屋さんに行った際には
デザイン書コーナーでご覧ください。

デザインノート

デザインノート

デザインノート 2015 NO.64にスタジオワンダーで
制作させていただいたロゴが掲載されています。
「ロゴ&マークはやっぱり楽しい。」というタイトルで、
全国から106名のデザイナーが掲載されているそうです。
佐藤可士和さんの連載記事で人工知能につての対談も
掲載されていて、とても面白いのでぜひご覧ください。

掲載のお知らせ

SMALL SHOP GRAPHICS

PIE BOOKSから出版された
「小さなお店のショップイメージグラフィックス」に
STUDIO WONDERで制作させていただいた、
・FISHMANS MARUYAMA
・Veggyの家
・べじそばななつき
・inZONE TABLE
・nail salon söpö
のショップツールを掲載していただきました。

表紙はFISHMANS MARUYAMAの写真です!
ぜひご覧ください。

SAPPORO ADC 2014 年鑑

札幌ADC 2014

札幌ADC 2014

札幌アートディレクターズクラブ年鑑2014年版が出来上がりました。
新人賞をいただいたので大きくページをいただき光栄です。
また、今年から運営委員になりました。
まだまだこのクラブについて分からない事が多く、
僕の出来る事は、デザイナーという職業に憧れを持った若い世代に
バトンを渡す事くらいでしょう。
また若い人にデザインで食べていく事に誇りを持たせて上げられる様に
発信していければと思います。
あとはデザイナーという職業について、
一般の方にもっと正しい認識をしていただきたいので、
この年鑑が沢山売れたり、
デザイナーという職業と絡みたい!と思っていける様な活動が
出来ればいいなと思っています。
年鑑は札幌アートディレクターズクラブのサイトからどなたでもご購入いただけます。
皆さん、年鑑買って下さいね!

野村

札幌アートディレクターズクラブ年鑑2014版
オーダーはこちらから