手包餃子と酒 マーラーパーラー

ART DIRECTION:野村ソウ
GRAPHIC DESIGN:野村ソウ

 手包み餃子と酒マーラーパーラーのアートディレクション・グラフィックデザインを担当いたしました。マーラーパーラーは餃子を中心に中華、ニューアジアをテーマにした創作料理も織り交ぜたメニュー構成になっています。ただの中華ではないその特徴に対し、アジアンミックスのビジュアルイメージを表現するため、ロゴはなるべく見慣れないものを作ろうと考え、麻辣の意味合いから辛い!痺れる!をイメージした舌をモチーフにしたシンボルを採用し、さらに刺激を表す三角形に配置。ベトナム料理、台湾屋台をイメージしながらオリジナルの欧文書体も制作し、ごちゃ混ぜぐらいが丁度いいと、全体の雑多だけど気になる雰囲気づくりを大切に作り上げています。
 少し若い年代にもアジアンミックスの酒場を楽しんでもらいたいという想いから、POPな表現ですが遊び要素として痺れドラゴンを制作しています。本当はネオンサインとして登場させたかったのですが、予算の都合で床にシート貼りに。痺れ系カクテルのグラスでもたま〜に見ることができますので、ご来店の際にはぜひ見てみてください。
 
 

#マーラーパーラー

#GRAPHIC

#BRANDING

#IDENTITY

#PRINT

#POSTER