鯖と牡蠣と日本酒 UOTTO MARUYAMA

ART DIRECTION:野村ソウ
GRAPHIC DESIGN:野村ソウ
GRAPHIC DESIGN:加藤百香
GRAPHIC DESIGN:杉原茉侑
SIGN DESIGN:野村ソウ
INTERIOR DESIGN:岩田拓
INTERIOR DESIGN:森菜摘
PHOTO:古瀬桂

 九州から仕入れる神経締の鯖と全国各地の牡蠣、日本酒を取り扱った居酒屋うおっとのプロデュース、グラフィックデザイン、サインデザイン、インテリアデザインを担当いたしました。大通りにある驚キ海鮮居酒屋うおっとの姉妹店です。業態・店舗立地の特性に合わせて、普通の居酒屋よりも少し尖ったアイデンティティが合うのではないかと、ロゴは漢字の「魚人」を英語の筆記体のようにすることで、新しいスタイルの居酒屋であることを表現。さらにその魚人ロゴはパターン化された際に、波しぶきとその中から顔を出す鯖に見えるような形に。陶器の文様のような青のパターン2種と、鯖の青光りを連想させるグラデーション案も採用し、女性のお客様が多くなることを視野に入れたカラーリングにしています。小さい頃にお蕎麦屋さんやお寿司屋さんにいった際に見たメニューにあったグラデーション、歌舞伎でよく使われるグラデーション、ちょっと変わったグラデーションをあえて採用することで、日本食らしさと同時に、懐かしさも新しさも印象に加わえることができるのではないかと考えています。
 ロゴタイプは筆記体漢字の一筆書きのようなデザインで、サインは細い鉄の棒一本を曲げて制作しています。鯖と牡蠣を表すひし形のマークはファサードに設置された際に綺麗に収まる形になるよう、サイン製作を意識したデザインにしており、滴る水をイメージしたファサードにぴったりとハマる設計にしています。鯖好き、牡蠣好き、日本酒好きの方はぜひ円山まで足を運んでみてください。

#UOTTO MARUYAMA

#BRANDING

#GRAPHIC

#IDENTITY

#PRINT

#POSTER

#SIGNAGE