ART DIRECTION:野村ソウ
GRAPHIC DESIGN:野村ソウ

 マルチカ須永水産様のブランディングを担当いたしました。今までにありそうでなかった新たな漁業のデザインを目指しながら、販路拡大も視野にCIを提案・制作。マルチカとは創業者の近太郎様からきています。漁師・海産物・鮮度をキーワードに、カニの足や鮭の切り身、あみをモチーフにした円に飛脚のように足早に海産物を届けてくれそうな漢字の“近”を作成し配置しています。VIには船の上から見た海面や、陸から見た海、様々な表情を持つ海をビジュアル化し合わせています。漁師さんが毎日見る様々な角度の海をイメージしたものです。
 マルチカ須永水産様が漁業を営む枝幸の海はオホーツク海。Wikipediaによると”オホーツク海凍結前の寒気による海洋表層の活発な鉛直混合や、海氷などによって沿岸から運ばれる砕屑物の影響で植物プランクトンの繁殖に必要な栄養塩が豊富である。このため漁業資源の宝庫で、サケ・マス・タラ・ニシン・サンマ・カニ・アマエビ・ホッカイエビ・ホタテガイ・コンブ・カキが獲れる。”とあります。この海を少し怖ささえも感じるくらい生き生きとした生物的な海として表現し、こうして出来上がった海のデザインで商品を包むことで、オホーツクの鮮度がそのまま届くようなデザインにしています。

SAPPORO ADC年鑑 グランプリ
SAPPORO ADC年鑑 CI部門 銀賞
SAPPORO ADC年鑑 ポスター部門 金賞
SAPPORO ADC年鑑 ジェネラル平面部門 銀賞
SAPPORO ADC年鑑 パッケージ部門 銀賞
JAGDA年鑑 入選
TOKYO TDC年鑑 入選
LAHTI POSTER TRIENNIAL 2017

#BRANDING

#GRAPHIC

#IDENTITY

#PACKAGING

#PRINT

#POSTER