Nagayama Rest | INTERIOR SIGN DESIGN

Nagayama Rest | STUDIO WONDER

Nagayama Rest | STUDIO WONDER

Nagayama Rest | STUDIO WONDER

Nagayama Rest | STUDIO WONDER

Nagayama Rest | STUDIO WONDER

Nagayama Rest | STUDIO WONDER

Nagayama Rest | STUDIO WONDER

Nagayama Rest | STUDIO WONDER

Nagayama Rest | STUDIO WONDER

Nagayama Rest | STUDIO WONDER

Nagayama Rest | STUDIO WONDER

Nagayama Rest | STUDIO WONDER

Nagayama Rest | STUDIO WONDER

Nagayama Rest | STUDIO WONDER

Nagayama Rest | STUDIO WONDER

Nagayama Rest | STUDIO WONDER

Nagayama Rest | STUDIO WONDER

Nagayama Rest | STUDIO WONDER

Nagayama Rest | STUDIO WONDER

Nagayama Rest | STUDIO WONDER

Nagayama Rest | STUDIO WONDER

Nagayama Rest | STUDIO WONDER

Nagayama Rest:ブランディング、VI、ポスター、包装紙、パッケージ、ショップツール、インテリア
Produce:野村ソウ
Art Director:野村ソウ
Designer:STUDIO WONDER
Interior Designer:岩田拓、森菜摘
Photo:古瀬桂

旧永山公園内にある、
旧永山武四郎邸及び旧三菱鉱業寮内にカフェを作るプロジェクトの
プロデュース、ブランディング、インテリアデザインを担当いたしました。
北海道有形指定文化財でもある旧永山邸で何ができるか。
この施設を有効活用したいというプロジェクトから、
活用していくには人の流れを生み出さなければいけないと感じ、
施設の特徴でもある「和洋折衷」をコンセプトとしながらも、
温故知新で新旧も折衷した様なコンセプトでカフェを作っていきました。

活用していくということはやはり使われなければいけない。
カフェができる前、2年前にこの施設に何度か足を運びましたが、
その時にこの文化財施設内に訪れていた人はみたことがありませんでした。
この文化財にたくさんの人を呼び込み新しい人の輪を作らなければならない。
とても大きな課題でしたが、
新しい風を吹き込んだことで、リニューアル後にたくさんの人が訪れる施設になり、
有効活用をしっかりと始めることができた様に思います。
カフェができてから、この文化財はインスタグラムでもタグづけられる様になり、
ツイッターでもおしゃれカフェの仲間入りをし、
「文化財」という言葉もともに広がることになりました。

もっとおしとやかに、静かに広めていく方法もあるかもしれませんが、
今の人たちがこの場所に期待し、大切な時間に訪れることは間違いなくいいことです。
こういったプロジェクトの中でグラフィックデザイン、インテリアデザインの力が大きく働くことは、
私たちが大量消費社会の中で生きながらも、
歴史に関わり文化を作り出していく中で役割を果たしている様に感じ、
とてもいい経験になりました。

施設の管理はノーザンクロス様が請け負っています。
ノーザンクロス様のお声がけでこのプロジェクトに参加することになりましたが、
始まったばかりのこのプロジェクトが地域に根付く様に、
地域の皆さんのために、協力して活用案をもっと掘り下げて生きたいと思います。

IKURA TROPHY

IKURA TROPHY | STUDIO WONDER

ADC 2018 野村ソウ賞 いくらどんトロフィー : プロダクト
Design:野村ソウ
木工:辻 有希
ガラス:Iris
Photo:古瀬桂

札幌ADCの審査員賞のトロフィーを制作しました。
鮭のタイポグラフィーを作られていた函館の佐賀さん宛のトロフィーです。
鮭のタイポグラフィーへのアンサーとして、
いくらのメダルをドン!っと置いたトロフィーにしました。
ガラスでいくらを表現するのがなかなか難しかったですが、
みなさんのおかげでいいものが作れたと思います。
辻さんにお願いした台座も存在感が抜群です。
みなさんありがとうございました。佐賀さんおめでとうございます。

SAPPORO ADC ANNUAL 2017_DESIGN

SAPPORO ART DIRECTORS CLUB ANNUAL 2017I | STUDIO WONDER

SAPPORO ART DIRECTORS CLUB ANNUAL 2017I | STUDIO WONDER

SAPPORO ART DIRECTORS CLUB ANNUAL 2017I | STUDIO WONDER

SAPPORO ART DIRECTORS CLUB ANNUAL 2017I | STUDIO WONDER

札幌アートディレクターズクラブ:年鑑
Art Director:野村ソウ
Designer:札幌アートディレクターズクラブ運営委員
Graphic tools Photo:古瀬桂

2017年のコンペで受賞した作品を掲載した札幌ADC年鑑のADを担当いたしました。
デザイン(デザイナー)と商品(クライアント)の関係を
花と花瓶の関係で見立てたデザインです。

デザインは商品を引き立てることができます。
商品、コンセプトがあるからデザインがあり、
デザインがあるから商品の良さが伝わり、人の心に響いていく。

この年鑑はいわば花瓶が主役の展示会の図録の様なもの。
ですが商品や、ときにメッセージがなければ表現だけではいられない、
両方の存在が表裏一体で感じられて、
より一層輝く仕事があるのではないかという思いが伝わればいいなと思います。

SAPPORO BEER KEIBACAN

SAPPORO BEER KEIBAKAN | STUDIO WONDER

サッポロビール:パッケージデザイン
Art Director:野村ソウ
Designer:野村ソウ、加藤百香
Graphic tools Photo:古瀬桂

今年の北海道競馬とJRA、そして黒ラベルのコラボ缶のデザインを担当させていただきました。
今年は北海道150年記念ということもあり、記憶に残る年になる。というコピーも加え、
例年ある馬をイラストで描く流れから離れ、
煌びやかで爽やかなイメージから新しさが感じられる様に、
カッティングのパターンで馬のモチーフをデザインしています。
ゴールを切る瞬間が記憶に残り、この記念すべき年が記憶に残る年になれば嬉しいですね。

SAPPORO BEER WITH ARCS GROUP

SAPPORO BEER WITH ARCS GROUP | STUDIO WONDER

SAPPORO BEER WITH ARCS GROUP | STUDIO WONDER

サッポロビール:パッケージデザイン
Art Director:野村ソウ
Designer:野村ソウ、加藤百香
Graphic tools Photo:古瀬桂

サッポロ黒ラベルのアークスグループ限定キャンペーンのコラボ缶のデザインを担当させていただきました。
第一弾は北海道名産が当たるキャンペーンのオリジナルラベル、
第二弾はとっておきのお宿が当たるキャンペーンです。

第一弾は海産物が当たるキャンペーンだったので、
北海道の漁師の力強さを感じる様な、板画調の文字とアイコンで名産をデザイン。
少し泥臭さも残しつつ北海道らしさを表現しています。

第二弾は北海道と東北地方のとっておきのお宿が当たるキャンペーンのコラボ缶。
木彫りの熊がモチーフとして登場し、
本当はおしえたくないんだけどな〜と口を塞ぎながらも嬉しそうにしている様子で
お宿キャンペーンをインパクトを持って伝えるデザインにしています。

SAPPORO BEER FOR AEON

SAPPORO BEER AEON ORIGINAL | STUDIO WONDER

サッポロビール:パッケージデザイン
Art Director:野村ソウ
Designer:野村ソウ、加藤百香
Graphic tools Photo:古瀬桂

SAPPORO ADC ANNUAL 2017

SADC年鑑_表

SADC年鑑_裏

SADC年鑑_カッターマットトロフィー

札幌ADCの年鑑が出来あがりました。
2017年は
ジェネラルグラフィック(平面)部門 銅賞、
ジェネラルグラフィック(立体)部門 銀賞、会員審査賞、
パッケージ部門 銀賞を受賞、
その他に20点弱入選した作品が掲載されています。

初めて年鑑のアートディレクションを担当させていただきました。
以前から制作しているグリッドマップと呼んでいる網目状のデザインをブラッシュアップし、
対比で関与するものを感じさせるデザインとして今回は使用しています。

商品とデザインの関係性を、花と花瓶の関係に置き換えて、
引き立てるものとして、グラフィックデザイン、アートディレクターを表現しています。
そしてこの年鑑の表紙は普段は引き立て役のグラフィックデザインが主役なので、
花瓶の方が視認性のある白でデザインされています。

仕様に関しては予算等もあり、当初のイメージからは変更していますが、
とても気に入っています。

ぜひ、みなさんにもご覧いただければ嬉しいです。
下記からご購入いただけます。

札幌ADC年鑑2017の発売を開始しました。

今年審査会がすぐそこまで迫っています。
また受賞できれば嬉しいです。頑張ります。

実例つきロゴのデザイン

実例つきロゴのデザイン_表紙

実例つきロゴのデザイン_くらし百貨店

パイ インターナショナルから出版された
「実例つきロゴのデザイン」に
・Atelier D
・Le Contra
・大衆肉酒場 がつり
・マルチカ須永水産
・北海道くらし百貨店
・脇坂工務店
を掲載していただきました。

北海道のデザイナーのロゴも多数掲載されています。
書店でお見かけの際はぜひご覧になってみてください。